着物と心の関係 幸田文の「きもの」

寒くなると縫い物が捗ります。
また作りました丸ぐけの帯締め💛

丸ぐけ 帯締め

こちらで出品していますので、よかったらご覧くださいませ😊

本柄 丸ぐけ

帯の本の柄と似ていたので置いてみました。


祖母の黄八丈の単衣にのせて💛
今年の秋は着そびれましたが、眺めるだけでも幸せです🥰

幸田文さんの自伝小説「きもの」を読んでいます。

きもの (新潮文庫)

インスタで紹介されていて、読みたくなり取り寄せました。
上質な装幀で、扉の見返しの柄も美しいです。

着物の着心地に異常なまでにこだわる少女るつ子。
それは着て心地よくあることが、自分の心身に影響することを体感として知っていたから。
よき理解者である祖母の言葉も学びが多いです。

「着ること」は人づきあいや生きることにまで通づるもの。

着る物にこだわることは大切なことですね!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました